第1回 立春


暦のうえで本日は「立春」。

とはいえ、

空気はまだ真冬のごとく冷たく、

春立つという感慨には程遠い。

冬まっただなか、というのが大方の実感だろう。

しかし実際に感じられる春に向けて

季節は冬から春へと舵を切っていることは間違いない。

冬至は1年でもっとも夜の長い日だが、

その峠は昨年12月下旬をもって越えている。

ふと気づけば日は少しずつ長くなり、

どことなく春めいて感じられる。

光の色にも何となく暖かさが加わったような…

太極拳でもっとも大事なのは、

かすかな変化、わずかな兆しを、

リアルタイムに感じること。

感じたら即座にその極微なもののなかへ染み込んでいく。

相手への敏感度と反射能力が同時に問われる

この「鬆静反応(しょうせいはんのう」を身につけるには、

体の柔らかさとこころの静けさが何より重要だ。

太極拳と推手を日々繰り返すゆえんはここにある。

このブログでは、

小さなもの、かすかに萌すものに着目しつつ、

雑感をつづっていきたい。

太極拳はもとより、

隣接する周辺のことにも八方目を向けて

太極拳との橋渡しをしたいと思っている。

能力にあまる無謀な大志かもしれないが、

立春の日に立志してとにかく一歩を踏み出してみよう。

何か言葉にしたいことに出会うとき不定期に更新する

「太極日和(たいきょくびより)」

末永くおつき合いいただきたくよろしくお願いします。


64回の閲覧