第2回「順展」への思い


3月1日、沈剛師、呉式太極拳研究会の仲間、友人知己、

そして家族に見守られ、また支えられ

「呉式太極拳 順展会」が小さな一歩を踏み出した。

ささやかではあるが、大きな縁の力にみちびかれ動きはじめた太極拳教室、

感慨ひとしおである。

お世話になった方々へこの場をかりて心より御礼申し上げたい。

教室開きに際し、会名「順展」にこめた思いを簡単に書き記しておきたい。

「Junten」の音と意味は、

天に順う(したがう)という「順天」から想を構えた。

中国古典の一つ『易経』の言葉である。

天のかたち、すなわち気象の変化を知り、

それに逆らうことなく、したがうことこそ、

最大の恵み(収穫)を得る最良の姿勢であると

農耕民族である古代中国人は考えたに違いない。

自然の運行に調和する姿勢が最大の効果をもたらす点において、

天の道は武の道に通じると思われる。

とりわけ「捨己従人」(しゃきじゅうじん)をこととする太極拳においては、

こころあり方、からだの状態、また相手との関係、

いずれも「順」(したがうこと)=「調和」が基本となる。

推手練習がこれをリアルに実感させてくれる。

「力を入れるのではなく力を抜く」

「自分を主張するのではなく相手についていく」

「露骨に現すのではなくむしろ隠れる」

「ぶつかるのではなく変わらない一定の関係をたもつ」

太極拳で大切なことも、このような推手の訓えと同じで、

余計な力み、かたより、ゆがみなどを修正しながら

体本来の自然体に調和していくのである。

最後に「展」の字について。

「順う」という状態が自分の体にとどまらず武器、相手、

また太極拳の枠を越えて日常へ自然に広がっていくことを

「展」の字にこめて「順展」とさせていただいた。

力み、ゆがみ、予備動作などを誘発する恣意があってはならず、

あくまでも自然に展開し、染みこんでいくようでありたい。

2016年3月1日、

千里の一歩を踏み出したに過ぎないが、

今後教室でご縁を得た人、

また 天地との調和を大切に、順展の道を歩んでいきたい。


45回の閲覧