第9回 いのちのあり方


宮大工棟梁 故西岡常一(にしおか つねかず)氏の知恵と言葉に心うたれる。

世界最古の木造建築 法隆寺の解体・修理に20年間たずさわり、

「いのちを見る目」「棟梁としての腕」

を磨いた人の経験と知恵はハンパではない。

今回は1400年の風雪に耐えた

「木のいのち」を語る言葉に耳を傾けたい。

石でも鉄でもなく、生きものである木によって建造された法隆寺が、

なぜ今なお朽ちることなく、

当時の姿をとどめ現役でいられるのか、

西岡氏の言葉からはその理由の核心が響いてくる。

根底にあるのは「木も人間もみんな自然の分身」という考え。

人が「十人十色」であれば木もやはり「十本十様」の性格がある。

木のクセや性質をいかし、

その長所を組み合わせることが長生きさせる秘訣だそうだ。

法隆寺のような伽藍に用いる木はどのようにして選ばれるのか、

まずそこから見てみよう。

宮大工としての口伝に

「木を買わずに、山を買え」という教えがある。

木は伐採されてから見たのではダメで、

山のなかで立っているうちに見ないと本当の性質は見抜けない。

一つの山の木でもって一つの建物を作るのが理想だそうで、

宮大工の仕事は切り出された木を選ぶのではなく、

山のなかでいい木々に出会うことから始まる。

次に木の用い方。

「木組みは寸法で組まずに木のクセで組め」

長持ちする強い建物を造るには

規格(寸法)がそろっているよりも、

適材適所、その場所にふさわしい性質の木を選び、組み合わせるのが重要なようだ。