第47回 末永く使うならば (後編)


「速い球を投げることと肩・ヒジのリスクは表裏一体」

と元メジャースカウト 小島氏は言う。

将来を嘱望される選手に求められるのは

「高パフォーマンス」と「低故障リスク」の両立。

ピッチャーで言えば、

最速スピート記録以上に安定した活躍、

つまり長いキャリアこそもっとも望まる資質なのだ。

その資質を育てるためのメジャーの思想と取り組みに分け入り、

メジャーの目で見た大谷投手の今のリスクに迫ってみる。

選手サポートの基本思想は、「時間をかけた計画的な育成」。

新人ピッチャーのボールがどんなにすごいものであっても、

体を作らなければならない時期にメジャーの試合で投げさせられることはない。

イニング数、球数、マイナーでの実戦経験などすべてが計画的に管理され、

長期活躍に耐えうる故障しにくい体とフォームを段階的につくっていく。

名選手の条件である「30歳以降の野球人生を長くする」のにこれは欠かせない。

若いころの体づくり、また荒削りなままでの実戦回避は

すべて長いキャリア実現のためであることを肝に銘じておきたい。

このような育成期間を経ることなくローテーションに入り、球を投げ続ける大谷選手の今はどのような状態であろうか。

小島氏の目には、未熟・未完成の体にムチ打っている過酷な状態に見えるそうだ。

22歳現在の身体感覚ではピンと来ないかもしれないが、

25歳からの10年間、あるいは15年間、メジャーのローテーションの中心で活躍するには、

キャリアの中盤あたりから伸びていくのが望ましい。

今のままでは大谷選手がその軌道に乗ることが難しく、

30歳になってメジャーのローテーションの中核にいるイメージが作れないと言う。

不安要素は大きく3つある。

その1

野手のような体つきになっている。

二刀流でバッターとしても活躍しているため筋肉のハリがピッチャーのそれから遠ざかり、上半身が重たくなっている。

上半身に必要以上に筋肉がつくと、

柔らかさ、しなやかさが失われ、ピッチャーらしいキレイな投げかたができなくなる。