第70回 夏こそ冷えにご用心


気象庁より6月7日ごろに発表された関東地方の今年の梅雨入り。

明けはまだ宣言されていないが連日暑さが続く。

最高気温30度オーバーすら珍しくなく、

ところによっては35度を上回る地域も。

奇妙に響くかもしれないが、

気温が上昇し暑くなればなるほど「冷え」に用心しなければならない。

– 体を冷やす内・外の環境 –

快適に冷やされた室内の温度。

しっかりと冷やされた飲みもの、体を冷やす陰性の食べもの。

たとえば、夏の生野菜、刺身、冷やっこ、冷麦、枝豆など。

今の季節、我われは内・外の両側から体を冷やすものに取り囲まれている。

– 夏の風邪はお腹にくることが多い –

冬の風邪は喉や鼻に症状がよく表れる。

対して、夏風邪はお腹が不調になることが多い。

そのメカニズムはこうだ。

冬の風邪の病原体は、胃酸に弱い。

喉や鼻で繁殖できても、胃で撃退されてしまうためその先の腸へは進めない。

一方、夏のウィルスは攻撃力抜群の胃酸にも耐性があり、腸まで侵攻してしまう。

夏風邪の遠因にはウィルスを退治しきれない胃の脆弱性がある。

– 冷えは体の防御力を弱める –

そもそも胃の能力がなぜ夏に衰え、体の深部にまでウィルスの侵入を許してしまうのか。

重大な原因の一つは冷えによる深部体温(体の中心部の体温)の低下。

消化酵素は、深部体温が37度のときもっとも活発に働くが、

胃や腸が冷えるとその働きはにぶり、消化不良をまねく。

それだけでなく、腸内の悪玉菌が増殖し腸内環境をも悪化させる。

またウィルスや病原菌から体を守る白血球の活動もさまたげる。

冷えは総じてシステムとしての体の防御力・抵抗力を劣化させてしまう。

涼を渇望する暑い夏だからこそ冷えへの注意が欠かせない。