第71回 健脚と血流


− 脚は鍛えにくく衰えやすい −

10年近く前のこと、引退した力士を間近で見る機会があった。

現役のとき大活躍したその元力士は、

引退とともに相撲の稽古をやめたのであろう。

体型が豹変していた。

上半身にあまり変わりはないが、脚の変貌ぶりがすさまじい。

往時をしのばせる立派な上体に対し、

貧弱でかぼそい脚があまりにも対照的で気の毒であった。

脚の貧弱な現役力士はありえない話であるが、

脚の太さ、力強さは厳しい稽古のたまものであるということがこの一件でよくわかる。

「老いは脚から来る」と言われる。

人間と異なり、食が保証されていない野生動物の世界では、脚の弱りは死活問題。

人間にあっても自立して生活するには何はともあれ健脚第一。

生命は体温によって調整・管理されている。

病いになりにくい望ましい体温の維持にも、実は脚が大切な役割を果たしている。

− 筋肉は最大の発熱器官 −

筋肉(体重の40%前後を占める)は人体最大の発熱器官で、

体温の40%前後は筋肉によってつくられる。

運動して体が熱くなるのも筋肉の発熱効果が高まっているから。

その筋肉の70%前後は脚にある。

脚の運動をすれば筋肉(筋繊維)に付着する毛細血管が活発に働き、

反対に脚が衰え筋肉が減少すると、毛細血管も減ってしまう。

それは血流の悪化、脚で不要になった血液の上半身への移動、下半身の体温低下という結果をまねく。

上半身の血液がアンバランスに多くなると、心臓や脳に過度な負担をかけ、心疾患や脳疾患の遠因になりうるので注意しなければならない。

− 脚・体温・血流の関係 −

「頭寒足熱」という昔の知恵が思い出される。

頭はのぼせないほどの適温に、脚は温めて血流を活発に、ということ。

寒いときの心得と思われがちだが、

その奥