I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア

October 26, 2018

縁あって2018年11月から浜松・三ヶ日の地で呉式太極拳を指導させていただくことになった。呉鑑泉-馬岳梁・呉英華-師父 沈剛に伝えられた呉式太極拳の精華を地域の方々へ一つひとつ丁寧にお届けしたい。

一修行者として痛感するのは、太極拳に近道や速成はありえないということ。あるのは正しい教えにうながされる小さくはあるが着実な一歩一歩。

ゆえに地道な積み重ねに時間・取り組みを惜しまない心の姿勢がそのまま太極拳と向き合う姿勢となる。

お伝えしたいのは、代々伝承された正しい教え。

また、教えによって変遷する体のなかの感覚。

食べもののおいしさを言葉で正確...

June 27, 2018

⑴ 危険

柔道の受け身⇄その反対の状態を対比して考えたい。

まず、悪い例から。

肩・肘を四角く固め、後ろへ倒れる状況。

これは背筋も凍る危険な行為。

ぶつかりの衝撃の分散がなく、角ばっている肩・肘に力がすべて集中する。

悪くすると、脱臼や筋の損傷もまぬがれない。

力みと角のある四角い体は、動きにくいだけでなく深刻なダメージを受けやすい。

次に良い例としての丸い体(柔道の後ろ受け身)。

体を丸く使うことで、倒れるときの力や衝撃が特定の一ヶ所に集中・渋滞しない。多方向に分散できる。

地面との接点を限りなくたくさん持つことで、接地のつど、力は次から次へと流れ...

May 31, 2018

一日のスケジュールの都合上、私的に水曜日はそば曜日。ほぼ毎週そば屋ののれんをくぐる。

ルーティンでもないが、注文はだいたい「もり」。

香り、のどごしをそばで楽しみ、ダシの芳醇をそば湯で味わう。

一度で二度おいしいのでありがたい。

そば湯をいれた器、湯桶(ゆとう)から猪口へのそそぎ、難しいですね。

四角い形がクセもので(丸形もあるが少ない・丸形のほうが四角形より薄くてもろいそう)、角の一点に集まった湯が勢いよく飛び出る。こぼれやすい。何回やっても慣れない。注ぎ方というよりはうつわの形に問題があると思う(多分…)。

湯桶に比べ、お茶の急須はありがた...

April 29, 2018

イヤホンで音楽を聴きながら、自販機でお茶を買った。

支払いは電子マネーSuica。

とどこおりなくタッチ&決済完了!

が、それに気づかず、機械の感度のせいでエラーと誤認。

再オーダー&タッチ&コンプリート。

感度が悪かったのは、自販機ではなく自分のほうだった。

近頃の自販機はスマートにして高感度。

聴覚をふさがれた鈍い客(わたし)の見落とし・聞き落としをよそにお利口な自販機は仕事をキッチリこなし、同じお茶を二本取り出し口へ速達。

一本目のボトルを手にとるや、間髪いれず二本目がボトン!

一瞬「当たり?!」と思ったが、

「・・・」(約一秒)

「やっち...

March 31, 2018

先日料理人として尊敬する方のお店にうかがい、瓢簞から駒が出るような、意外かつ貴重な話をきくことができた。

死蔵させるのはもったいないので、ここでシェアさせていただく。

そのシェフは満漢全席もあつらえられる大料理人で、中国料理に関しては可ならざるはない見識と技量の持ちぬし。

中国料理の王道を歩んで来られ、腕の立つ厳しい師父のもと(料理の世界でも師匠を師父と呼ぶのだそう)厳しい修行を積んできた。

生半可な気持ちでは修行に耐えられない。中途半端な体力では身がもたない。精神力、体力、いずれが欠けても挫折・ドロップアウト必至の厳しい世界。

中華は火の料...